生産性の向上は設備にあり! プラント設備の導入を考えてみよう!


工場の効率化には、生産ラインの効率化やプラント設備導入などさまざまな方法があります。

特に、プラント設備を導入することは、工場の効率化において代表的なものです。

プラント設備は生産の効率化に加えて、安全性や品質の向上などにも大きく貢献します。

プラント設備の購入を考えている場合には、プラント設備に関する知識を高めるということが大切です。

化学工場・食品プラントなど、工場にあわせたプラント設備の導入方法について詳しくご紹介します。

1.プラント設備とは?

1-1.工場で使用する設備

プラント設備は、工場やプラントで使用されているさまざまな設備を指してします。

設備というと大型なイメージがありますが、小型であっても工場で使用する設備であればプラント設備として扱われます。

工場では非常にさまざまな設備が使用されており、製造する製品によって使用するプラント設備は異なります。

多種多様なプラント設備の中で、比較的多くの工場で使用されているのが“ホモジナイザー”です。

ホモジナイザーは液体を均一に加工する機器で、食品製造設備や科学工場設備などさまざまな工場で使用されています。

1-2.ホモジナイザーとは?

分散機・乳化機と呼ばれるホモジナイザーは製品の品質を一定に加工するためのプラント設備です。

製品の製造では、製品の品質を一定にすることが非常に大切な工程になります。

ホモジナイザーは、製品のばらつきやかたよりを抑制することで品質を向上できるプラント設備として、さまざまな分野で使用されています。

1-3.ホモジナイザーはどのような分野で使用される?

液体の分散や乳化などの作業は多くの工場でおこなわれています。

【食品製造分野】

食品製造プラントにおけるホモジナイザーの役割は、乳製品の均質化や飲料の分散粉砕などを行ない、品質を均一にするという加工です。

均質化は、飲料の生産管理には欠かせない工程で、ホモジナイザーは製品の品質を高めるという重要な役割があります。

マヨネーズなどの代表的な乳化食品を始め、さまざまな食品でホモジナイザーを使用した乳化処理は大切な工程です。

【化学分野】

化学分野では、インク原料の均質化やグリスの乳化などに使用されており、品質の向上のために役立っています。

乳化というのは油や水など分離しやすい液体を混ぜ合わせるという化学処理です。

化学分野では、スキンクリームや乳液など多くの化学化粧品で乳化処理は利用されています。

【医薬分野】

液体を均一にすることは、医薬品製造分野でも使われている工程です。

このような精密度の必要な製造工程で使用されているほど、ホモジナイザーは信頼性の高いプラント機器という特徴があります。

2.プラント設備の種類とは

2-1.プラント設備は複数の機器によって構成される

プラント設備というのはさまざまな機器を組み合わせて一つの“設備”を構成します。

ホモジナイザーもいくつかの機器を組み合わせた設備です。
それでは、プラント設備に必要な機器についてご紹介しましょう。

【タンク系設備】

タンクには、一時的な原料の保管をおこなう“ストレージタンク”や殺菌や混合をする“パステライザー”、冷温保管をする“エージングタンク”などがあります。

工場内で一時的に製品や材料を保管するための設備で、保管する原料や製造工程によって最適なタンクを選ぶことが大切です。

【滅菌水装置】

工場で食品や医薬品などを製造する際には“殺菌”という工程が必要になります。

滅菌水製造装置は工場では欠かせない“安全な水”を製造するための装置です。

ろ過システムを通して食品用処理された水を殺菌し安全性の高い水を製造するという機能をもっています。

【調合殺菌装置】

食品用調味液(液体調味料)の調合と殺菌を同時におこなう装置です。

各調味料の配合量などを自動監視して安定した品質の調味料を作り出すことのできる装置です。

【寒天培地製造装置】

研究分野で使用される寒天培地を製造する装置です。

使用される分野は限定されていますが、均一な培地を効率的に生産できる装置として非常に利便性の高いプラント設備です。

【熱交換器】

プラント設備の過熱、冷却、熱回収など温度を一定に保つための設備です。

生産する食品や製品に合わせて最適な温度を維持するために設置します。

3. プラント設備の選び方

3-1.耐久性

プラント設備の導入で大切なことは“設備の耐久性”です。

せっかく導入した設備が、短期間で壊れてしまっては意味がありません。

プラント設備を選ぶ際には、耐久性に注意して選ぶことが大切です。

耐久性に関しては、導入前にプラント設備の製造販売をおこなう業者のホームページで確認できます。

プラント設備の購入を考えている場合には、詳しい耐久性に関して確認し問い合わせることが大切です。

3-2.省エネ

プラント設備の導入に関して“ランニングコスト”も大切な判断材料です。

省エネ性能の高い設備を導入することで、コスト削減ができます。

省エネ性能に関しては、既存の設備との比較や新しい設備の省エネ性能に関しても比較することが大切です。

プラント設備の省エネ化は“効率モーター搭載”や“インバーターの導入”などの方法があります。

3-3.サポート

プラント設備は日常的に使用しているものなので、不慮のトラブルというのは避けられません。

そこで重要になるのが、プラント設備販売をおこなう業者のサポート体制です。

生産停止などのトラブルや被害を最小限に抑えられる手厚いサポート体制をおこなっている業者の設備を導入することは、経営の危機管理の一つといえるでしょう。

3-4.メンテナンスコスト

プラント設備は定期的な分解洗浄やメンテナンスが不可欠です。
メンテナンスのコストは、プラント設備を導入する上で重要な情報といえるでしょう。

メンテナンスのためのコストは、分解の簡易性による手間の削減や消耗部品の単価が安いなどからわかります。

4.プラント設備導入時の注意点とは?

4-1.最適な設備であるかを検討する

プラント設備の導入は本当に工場に最適であるかという点に注意が必要です。

導入を検討している際には慎重に判断しましょう。

プラント設備には“テスト機貸し出し”をする業者もあるので、これを利用することで最適な設備であるかを知ることができます。

4-2.しっかりと相談をできる業者を選ぶ

相談や問い合わせ窓口など、プラント導入に関する相談ができることもプラント設備導入では重要ポイントです。

プラント設備は、工場の広さや設置方法など状況に合わせた計画を相談できる業者を選びましょう。

 

まとめ

プラント設備の導入にはさまざまなメリットがあります。

最後に、プラント設備のメリットと注意点についてご紹介しましょう。

  • プラント設備導入で生産性と安全性が向上。
  • 省エネによるランニングコストの削減。
  • 新設備によるサニタリー性の向上。

プラント設備を導入することで上記のようなメリットが得られます。

設備の新規導入は、生産性向上や安全性、サニタリー性などいろいろなメリットがあるのです。

また、新規プラント設備の導入には以下のような注意点にする必要があります。

  • メンテナンス性の良いプラント設備を選ぶ。
  • 計画的に導入するためにも、しっかりとした相談のできる製造販売業者を選ぶ。
  • サポート体制の充実した業者を選ぶ。

プラント設備は、信頼のできる業者を選び、工場に最適な設備を導入することが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加