工場の省エネについて知りたい方へ ~省エネ対策と事例・注意点~


工場の経営者・担当者は必見です。
工場の省エネ対策やその事例について詳しく説明します。
工場にも食品工場やケミカル・科学、医薬品・化粧品、研究開発などさまざまな分野がありますが、地球温暖化が問題視されているなか、工場から出る汚れや排気ガスの削減に力を入れている企業・会社が増えてきました。
省エネ対策になる機械もたくさん発売されています。工場の省エネについて知識を身につけましょう。

目次

  1. 工場の省エネ対策について
  2. 見直すポイントと事例の紹介
  3. 注意点について
  4. まとめ

1.工場の省エネ対策について

工場が実践すべき省エネ対策にはどのような方法があるのでしょうか。
規模が大きい分、省エネ対策も大掛かりになると思いがちですが、効率的に行えば意外とスムーズにいくものです。
工場の分野に見合った省エネ対策を実行していきましょう。

1-1 工場の“運用対策”

工場の省エネ対策といえば、“運用対策”が1番に挙げられるのではないのでしょうか。
運用対策とは、証明設備や空調設備、産業設備全般、生産設備、換気などさまざまな設備のエネルギー消費量を減らす対策のことです。
普段使っていない部屋の電気を消す、空調を停止する、整理整頓を常に行う、運転方法ルールを見直すなどさまざまな対策ができるでしょう。
また、省エネ対策となる機器を設置するのもオススメの方法です。
運用対策になる機器をランニングコストがよいものに交換するだけで、運転するためのエネルギーを最低限に抑えられるのです。
工場の“運用対策”をしっかりするかどうかで大きく省エネが変わってくるため、必ずチェックしてくださいね。
工場のエネルギー消費量を見直すと効率的に仕事も進められるでしょう。

1-2 “保守管理”も大切なポイント

定期的な生産ラインの点検、フィルターの清掃・点検、空気系のエアもれ補修など保守管理も工場の省エネ対策につながります。
省エネ対策を地道に続けることで工場の効率化、経費削減も次第に現れるようになるでしょう。
そのためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。
省エネ機器をこまめに点検することで運営効率化、メンテナンスの簡便化(かんべんか)が期待できるでしょう。
定期的なメンテナンスを怠っていれば、必要なときに稼動しなくなり、工場の生産ラインがストップする恐れもあります。
つい、省エネ対策となる機器の導入にばかり目がいってしまいますが、自分たちでできる保守管理も大切なポイントです。

1-3 省エネ対策は“計測・診断”が重要

省エネ対策を始めるためには“計測・診断”が必要不可欠になります。
工場のどの部分を省エネ対策を行うのか、対策する箇所によって工場の様子も大きく変わってくるでしょう。
計測・診断は主に、エネルギーの使用状況、季節による変動、生産計画等などさまざまな点に関して常に把握することが大切になります。
把握しなければどこを改善すべきなのか判断できません。
とくに、電力の日負荷変動や年負荷変動など、どれだけエネルギーの使用量が変わっていっているのか変動で把握するのが大きなポイントになるでしょう。

2.見直すポイントと事例の紹介

2-1 “機械設備”を見直そう

ほとんどの工場には毎日稼動する“機械”が設置されているでしょう。それらの機械を一度見直してみてはいかがでしょうか。
工場の省エネ対策において、大きな見直すポイントと言えば「機械設備」の見直しです。
省エネ仕様になっている機械を導入する工場も増えてきていることから、業者からもさまざまな機械が発売されています。
高圧式ホモジナイザーや省エネ高効率モーター・インバーターなど種類もさまざまです。
長時間稼動していても省エネ対策になる機械を設置してみてはいかがでしょうか。
耐久性も非常に高いものが登場しているので一度チェックしてみるとよいでしょう。
もし、わからないことがあれば機械設備について業者に相談することもできます。
無料で24時間相談を受け付けているので何か緊急なことが起きても安心です。

2-2 食品工場の省エネ対策をご紹介!

実際に、食品工場での省エネ対策の事例を紹介します。
食品工場のような生産中心の工場では、常に安定した電力を確保しなければなりません。
よって、長時間運転できる省電力の機械が求められているのです。
省エネ対策で多いのは「省エネモーターの省エネ化」「ホモ圧力の低減」が中心になるでしょう。
実際に、ホモ圧力の低減により、消費電力がおよそ30%も削減できたと嬉しい声がたくさん挙がっています。
ほかにも、香料・乳化剤の削減により、経費削減になった事例もあります。
ほとんどの食品工場でさまざまな省エネ対策が導入されています。
どのような省エネ対策がなされているのか、さまざまな事例のチェックも参考になるでしょう。

3.注意点について

3-1 空調の省エネは要注意!

工場の省エネ対策において基本となるのは“空調の省エネ”と言われています。
空調の省エネを行うことで全体的なエネルギー削減につながるでしょう。
しかし、空調の省エネをしすぎるのはよくありません。
空調は労働者たちの健康を維持するために大切なことであり、省エネに注目しすぎるあまり、空調がうまく回っておらず、健康被害を引き起こす危険性があるのです。
労働者への負担が大きくなればその分、仕事の効率化もダウンしてしまうでしょう。
生産効率が下がるのも時間の問題です。
よって、空調の省エネは気をつけなければなりません。
労働者にとって負担にならない程度で空調の省エネを行っていきましょう。

3-2 安全管理・衛生管理にも注意しよう

省エネばかりに目を向けていては、安全管理・衛星管理がおろそかになってしまいます。
工場の省エネ対策は非常に大切なポイントになりますが、安全管理・衛生管理もとても大切なことです。
工場のトラブルでよくあるのが、「安全・衛星に関すること」なので常に気をつけなければなりません。
人為的なトラブルが多くなっている分、省エネ対策かつ、組織的に安全に働ける取り組みを積極的に行う必要があります。
例えば、省エネ対策になる機器を導入した場合、安全に使えるように従業員の教育が必要です。
故障した場合の対処法や、扱い方について知らなければ人為的なミスが起きてしまうでしょう。そのようなことがないように、組織全体の取り組みが欠かせないのです。その辺りは十分に注意してくださいね。

4.まとめ

工場の省エネ対策、見直すポイントや事例、注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
工場に省エネ対策となる機械を導入する場合の注意点や基礎知識を把握しておけば、スムーズに対策が実施できます。
何の知識も知らないことが1番の怖さです。
失敗することがないように必要な知識を身につけておきましょう。
では、最後にもう一度確認します。

  • 工場の“運用対策”
  • “保守管理”も大切なポイント
  • 省エネ対策は“計測・診断”が大切
  • “機械設備”を見直す
  • 食品工場の省エネ対策
  • 空調の省エネは要注意
  • 安全管理、衛生管理にも気をつける

以上のポイントをチェックしながら省エネ対策を考えてください。
工場によって分野が違うため、自分たちの工場に合った省エネ対策があるはずです。
今どのような状況で工場を運営しているのか、エネルギーの使用量などを把握し、どこを改善すれば省エネ対策になるのか考えることが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加