工場勤務に役立つ資格とは? 選び方のポイントと共に解説!

工場で働く際、資格があればより有利になります。「資格を持っていれば優遇します」という条件をあげて求人を出している工場も珍しくありません。その一方で「工場で仕事をする際に役立つ資格といっても、たくさんありすぎて、どの資格取得を目指していいかわからない」と悩む人もいるでしょう。

そこで今回は、工場勤務に役立つ資格について解説します。資格の種類はもちろんのこと、取得を目指す資格の選び方なども紹介しましょう。

  1. 工場勤務で資格が重要な理由
  2. 取得する資格を選ぶポイント
  3. 工場勤務に役立つ資格4選
  4. 工場勤務者に役立つ資格に関するよくある質問

この記事を読めば、資格の選び方から取得方法までばっちりです。工場で働きながら資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.工場勤務で資格が重要な理由

はじめに、工場に勤務する際資格が役立つ理由を解説します。資格を取得しておくとどのようなメリットがあるのでしょうか?

1-1.できる仕事が増える

工場で行う仕事の中には、資格がないとできないものもあります。特に、電気に関する仕事や危険物の管理に関する仕事は、資格が必要なものが多いでしょう。また、工場が取り扱っているものによっては、必ず有資格者を置いて管理責任者としなければならないこともあります。

1-2.資格手当がつく可能性がある

工場によっては特定の資格に手当をつけることがあります。特に、資格がないとできない仕事が多い工場は、有資格者を大切にする傾向があるため、資格手当も手厚めです。資格を複数持っているだけで、収入が増えることもあるでしょう。

1-3.キャリアアップにつながる

資格を取得すれば、責任ある立場を任されやすくなりキャリアアップにつながります。また、転職にも有利に働きやすいでしょう。

2.取得する資格を選ぶポイント

一口に資格といってもたくさんの種類があります。ここでは、工場で働く際に役立つ資格を選ぶポイントを紹介しましょう。

2-1.国家資格であること

資格には、民間資格・公的資格・国家資格などがあります。工場で働く際、最も役立つ資格は国家資格です。民間資格の中にも役立つものはありますが、国家資格はどの職場に行っても役立つのでつぶしがききます。複数の資格を取得できる環境ならば、国家資格を選びましょう。

2-2.実務経験が必要な資格

資格の中には受験資格に実務経験が必要なものがあります。現在の仕事が実務経験として認められる資格があったら取得しておくと、キャリアアップに役立つでしょう。実務経験が受験資格に必要な資格は取得できる人も限られており、取得すればさらに重宝されます。

2-3.現在の職場に必要な資格

原罪の職場で行われている仕事に関する資格を取得すれば、昇給やキャリアアップが見込めます。また、会社が所属している団体が資格取得のための講習会などを行ってくれることもあるため、資格が取りやすいでしょう。

3.工場勤務に役立つ資格4選

ここでは、工場勤務に役立つ資格を4つ紹介します。資格取得を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

3-1.電気系統の資格

電気工事士や第三種電気主任技術者など、電気系統の資格は工場の設備保全に役立ちます。特に、電験三種を取得していれば、キャリアアップや独立にも効果的でしょう。電気工事士も機械が故障したり電気系統の不具合が起こったりした際に役立ちます。

3-2.危険物や有機溶剤に関する資格

危険物取扱者や有機溶剤作業主任者の資格を取得すれば、危険物を管理したり有機溶剤を取り扱う仕事の責任者になれたりします。危険物や有機溶剤を使う工場は多いので、取得しておくと役立つことでしょう。

3-3.技能士

各都道府県の職業開発能力協会が実施する技能検定に合格すると、「技能士」の資格が取得できます。工場に勤務する方ならば、マイクロソルダリング(微細はんだ)技術者や電子機器組立技能士などがおすすめです。技能士は国家資格ではありませんが、自分の技能を客観的に証明することができ、キャリアアップに役立つでしょう。工場側でも従業員の技能をアピールできるので効果的です。

3-4.運転系の資格

フォークリフトやクレーンなど工場で使う特殊車両を運転できる資格も重宝されます。また、玉掛技能者などクレーンへ安全に荷物を取り付けることができる資格も役立つでしょう。このほか、タンクローリーやトラックなどを運転できる免許も重宝されます。危険物取扱者の資格と大型車両の免許を併せ持っていれば、危険物を満載したタンクローリーなどの運転も可能です。

4.工場勤務者に役立つ資格に関するよくある質問

ここでは、工場勤務者に役立つ資格に関するよくある質問を紹介します。

Q. 仕事をしながら資格取得は可能でしょうか?
A.はい。多くの方が仕事をしながら資格取得の勉強をして実際に資格を取得しています。実務経験が受験資格になる資格ほど、その傾向が強いでしょう。

Q. 経理や事務に関する資格は役立ちませんか?
A.いいえ。工場によってはとても重宝されます。優先順位は低いですが取得しておいて損はないでしょう。

Q. 衛生管理者は小さい工場では役立ちませんか?
A.いいえ。安全衛生推進者として職場の衛生管理などを任せられます。

Q. 会社で資格を取得するバックアップはしてくれるでしょうか?
A.会社によっては資格を取得すると報奨金が出るところもあります。また、講習に参加させてくれるところもあるでしょう。

Q. 30歳以上でも士資格を取得したほうがいいですか?
A.はい。キャリアアップに効果的です。

まとめ

今回は、工場に勤務する際に役立つ資格を紹介しました。電気系統の資格や危険物、有機溶剤に関する資格のほか、安全管理・衛生管理に関する資格など工場勤務の際に役立つ資格はたくさんあります。また、技能士は自分の持つ技術を客観的に証明してくれるので、転職の際に役立つこともあるでしょう。このほか、取得しにくい資格ほど、重宝されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加