工場で機械トラブルが発生する原因は? 対処方法と共に解説

工場を操業するうえで、最もダメージが大きいのが機械トラブルです。機械トラブルが起これば最悪の場合、工場を長期停止せざるをえず、高額な損害が出ることもあります。どの工場でも機械トラブル予防に力を入れていることでしょう。しかし、どうしてもトラブルが発生してしまうこともあります。

そこで今回は、工場の機械トラブルが起きる原因から予防法、対処方法まで詳しく解説しましょう。

  1. 工場で発生する機械トラブルの原因
  2. 機械トラブルが発生することによる問題
  3. 機械トラブルを防ぐ方法
  4. 機械トラブルが発生した場合の対処方法
  5. 機械トラブルに関するよくある質問

この記事を読めば、機械トラブルが起きても冷静に対処することができるでしょう。工場で安全管理の仕事に就いている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.工場で発生する機械トラブルの原因

はじめに、向上で発生する機械トラブルの代表例を紹介します。どのような原因で機械トラブルが起こるのでしょうか?

1-1.機械の故障

現在は技術の進歩により、機械の故障が起きることは少なくなりました。しかし、絶対に故障しないわけではありません。特にメンテナンス不足だと故障しやすくなります。

1-2.機械の老朽化

工場の機械は高価ですので、できるだけ長く使いたいと考えている方が多いと思います。しかし、機械は老朽化するほど故障しやすくなるものです。小さなトラブルや故障が頻繁に起こるようになった場合は、老朽化を疑いましょう。

1-3.ヒューマンエラー

機械が高性能でも、それを扱う人のミスによってトラブルが起きることも珍しくありません。特にマニュアルを無視した運転をすると、機械トラブルが起きやすくなります。

1-4.メンテナンス不足

機械にはメンテナンスが必要です。メンテナンス不足はトラブルに繋がります。特に稼働しっぱなしの機械はメンテナンスをするきっかけがつかみにくく、トラブルが起こりやすいでしょう。

2.機械トラブルが発生することによる問題

ここでは、機械トラブルが発生するとどのような問題が起こるのか解説します。問題が発生するとどのような損害が出るのでしょうか?

2-1.労働災害

機械トラブルにより人が巻きこまれてケガをしたり死亡したりすれば、労働災害になります。機械のメンテナンス不足やマニュアルを無視した使い方によって事故が起きた場合は、管理責任を問われることにもなるでしょう。

2-2.操業停止による損害

機械トラブルの程度によっては、機械を止めなければなりません。機械が止まれば操業ができなくなり、損害が生じます。人件費がムダになるだけでなく、計画どおりに納品できないことで損害賠償が発生することもあるでしょう。

2-3.不良品の発生

機械トラブルが起こると不良品が発生しやすくなります。気がつかずに納品すれば、会社の信用にも関わることになるでしょう。

3.機械トラブルを防ぐ方法

では、どうすれば機械トラブルを防ぐことができるのでしょうか? ここでは、その一例を紹介します。

3-1.日々のメンテナンス

機械トラブルを防ぐには、日々のメンテナンスが大切です。また、素人の点検だけでなく定期的にメーカーの点検もうけるとトラブルを未然に防ぐことができます。

3-2.従業員教育

機械トラブルを防ぐには、メーカーの定めた使い方をすることが大切です。しかし、メーカーが定めた使い方は、ときに面倒なこともあります。時間を短縮するためにマニュアルを無視した使い方をした結果、機械トラブルに見舞われることもあるでしょう。このようなことを防ぐために、従業員教育を徹底することが大切です。

3-3.老朽化した部品は早めに交換

どんな機械にも寿命があります。よく使う部品から老朽化していくので、早めに交換しましょう。メンテナンスをしながら部品を交換するだけでも、機械の寿命が延びることもあります。

4.機械トラブルが発生した場合の対処方法

この記事では、機械トラブルが発生した場合の対処方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

4-1.メーカーに連絡して原因を調査してもらう

機械トラブルが発生したら、メーカーに連絡して原因を調査してもらうことが大切です。原因が分からなければ、再発の危険も高まります。小さなトラブルを放置していれば、大きなトラブルに繫がることもあるでしょう。

4-2.トラブルの情報を共有する

機械トラブルはどれほど予防しても完全に防ぐことはできません。しかし、機械トラブルの情報を共有すれば、再発防止の有効な手段になります。報告書を全従業員ができるようなシステムを作っておくのがおすすめです。

4-3.従業員教育

トラブルの再発を防止するためには、従業員教育も大切です。トラブルの内容や原因と再発防止のために、マニュアルを共有するだけでなく教育すればさらに効果的でしょう。

4-4.再発防止方法の考案

従業員1人1人が気をつけるだけでは、再発防止は完璧ではありません。機械トラブルが発生したらすぐに全従業員にスマホで知らせるシステムを導入するなど、再発防止方法を考案することが大切です。そうすれば、トラブルの発生率を抑えることができます。

5.機械トラブルに関するよくある質問

ここでは、機械トラブルに関するよくある質問を紹介します。

Q.労働災害が発生した場合は労働基準監督署に報告が必要ですか?
A.はい。基本的に必要です。

Q.従業員が不適切な使い方で機械トラブルが起きた場合は、責任を問うことはできますか?
A.可能ですが、不適切な使い方をした理由を突き止めることも大切です。

Q.機械トラブルを防ぐために外部の協力が必要なことがありますか?
A.専門家の意見が必要になることもありますので、外部コンサルタントに協力を仰ぐことも必要です。

Q.全自動化した機械はトラブルは起こりませんか?
A.いいえ。メンテナンス不足などで起こることはあります。

Q.機械のメンテナンスは従業員だけでは不十分でしょうか?
A.はい。やはりメーカーによる点検が必要な機械もたくさんあります。

まとめ

今回は、機械トラブルが起こる原因や対処方法を紹介しました。機械トラブルはどれほど予防しても完全に防ぐことはできません。しかし、予防することは大切です。また、機械トラブルが起きた後の対処方法を的確に行えば、再発防止にとても効果的でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加