製造業のトラブルが起こる原因は? 予防法や対処方法を解説!

製造業には、トラブルがつきものです。いくら気をつけても、トラブルを完全に防ぐことはできません。しかし、だからといってトラブルを予防する努力を怠らないようにすることは大切です。また、トラブルが起こった後は再発防止のために力を尽すことも重要になります。

そこで今回は、製造業でトラブルが起こる原因や対処方法などを紹介しましょう。

  1. 製造業で起こりがちなトラブルとは?
  2. トラブルが発生する原因
  3. 工場で発生するトラブルを防ぐ方法
  4. 工場でトラブルが発生した場合の対処方法
  5. 製造業のトラブルに関するよくある質問

この記事を読めば、製造業で発生するトラブルを可能な限り防ぐために有効な手段が分かるでしょう。製造業の生産管理についている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.製造業で起こりがちなトラブルとは?

はじめに、製造業で起こりがちなトラブルを解説します。どのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか?

1-1.不良品の発生

何千・何万と製品を作っているとどうしても不良品は発生します。不良品は最終的な検査でほとんどが見つかって取り除かれますが、検査の目をすり抜けてしまうと、問題に発展することもあるでしょう。

1-2.労働災害

製造業では労働災害の発生率がほかの職種よりやや高くなっています。現在は、技術の進歩により製造に使用する機械でケガをするケースは少なくなりましたが、ヒューマンエラーなどで労働災害が発生するケースは減ることはありません。

1-3.欠員

製造業はオートメーション化が進んでいますが、完全に自動化することはできません。少子高齢化による人手不足は、製造業全体の大きな問題です。

1-4.自然災害など

製品は完成したら納品しなければしなければなりません。しかし、自然災害が起これば納品ができなくなります。また、工場がダメージを受ければ製造ができなくなるでしょう。自然災害は、いくら努力しても防ぐことはできません。だからこそ、起きた後の対策が大切です。

2.トラブルが発生する原因

製造業でトラブルが発生する原因には何があるのでしょうか? ここでは、その一例を紹介します。

2-1.人手不足

工場が人手不足だと、どうしても丁寧な仕事ができなくなります。効率を上げるためにマニュアルに沿った機械操作もできなくなり、労働災害の原因になることもあるでしょう。

2-2.従業員同士の連絡不足

従業員同士の連絡が密に取れていないと、トラブルの原因になります。たとえば、「機械トラブルが起きた」という情報が共有されていなければ、くりかえし同じことが起こる可能性もあるでしょう。

2-3.災害

台風や地震などの災害が起これば、工場の操業ができなくなります。また、管理不備による事故や火災なども起こる可能性があるでしょう。

3.工場で発生するトラブルを防ぐ方法

ここでは、工場で発生するトラブルを防ぐ方法を紹介します。どのような方法が有効なのでしょうか?

3-1.情報の共有

工場では小さな事故やヒューマンエラーが起こることは決して珍しくありません。その際に情報の共有ができていれば、再発防止の有効な手段となります。また、小さな事故やヒューマンエラーも必ず報告できるようなシステムを作ることが大切です。ミスを叱るだけでは、正確な情報の共有はできません。

3-2.従業員教育

従業員教育は安全に仕事をしていくうえでも大切です。単にマニュアルを渡すだけではなく、事故を防ぐためにはどうすればいいのかという方法を、従業員全員で共有することもできます。定期的に従業員教育を行い、事故防止に努めましょう。

3-3.余裕を持って仕事をする

ノルマに追われて無理な工程を組めば、事故の発生率が格段に上がります。目先の売り上げだけに囚われず、時間に余裕を持って仕事ができるように計画を立てることが重要です。

4.工場でトラブルが発生した場合の対処方法

ここでは、工場でトラブルが発生した場合の対処方法を紹介します。こちらも参考にしてください。

4-1.再発防止の対策を練る

トラブルを起こした当事者を叱ったり罰したりしただけでは、トラブルの再発防止することはできません。トラブルが起こったら、再発防止の貯めに何ができるか会社全体で考えることが大切です。

4-2.必要ならば外部からコンサルタントをと招く

会社内だけでは、解決が難しい場合は外部からコンサルタントを招いて対策を練りましょう。特に、工場の操業に渋滞名影響が出るようなトラブルが発生した場合は、コンサルタントの利用は有効です。

4-3.生産体制を見直す

無理な生産計画を立てていないかなど、生産体制を見直すことも大切です。経営者だけでなく、従業員の意見も聞いてノルマに追われない生産体制を作りましょう。

5.製造業のトラブルに関するよくある質問

ここでは、製造業のトラブルに関するよくある質問を紹介します。

Q.製造業のトラブルは従業員が気をつけるだけでは防げないでしょうか?
A.はい。単に気をつけるだけには防げないトラブルはたくさんあります。

Q.トラブルの中には天災など個人の力ではどうしようもないこともありますが、その場合はどうすればいいでしょうか?
A.被害を最小限にするための対策を練ることが大切です。

Q.外部からのコンサルタントを選ぶポイントはありますか?
A.製造業のコンサルを請け負った実績が豊富なコンサルタントがおすすめです。

Q.トラブルを起こした従業員にペナルティーを課すのは効果的でしょうか?
A.いいえ。ミスを隠すようになるのでかえって逆効果かもしれません。

Q.製造業のトラブルは労働基準監督署に報告する義務はあるでしょうか?
A.労働災害が起こった場合は報告する義務があります。

まとめ

今回は、製造業のトラブルが起こる原因や対処方法を紹介しました.製造業のトラブルは予防することも大切ですが、起こった後にどう対処するかも大切です。どうすれば再発を防止できるか経営者と従業員の両方で対策を考えることも重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加