工場の危険予知の取り組み方は? 主なポイントや注意点を詳しく解説!

「工場事故を防ぐには危険予知の取り組みが大切だと聞いたけど、具体的にどんなことを行えばよいのだろう」とお考えではありませんか? 工場の危険予知を確実に行うことは、従業員の安全を守るだけでなく、工場の生産効率を高めることにもつながります。しかし、実際にどんな方法で取り組めばよいか、どんなポイントを押さえておくべきかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、工場の危険予知について詳しく解説します。

  1. 工場にはどんな危険が潜んでいる?
  2. 危険予知トレーニングの目的は?
  3. 危険予知トレーニングの取り組み方
  4. 工場の事故を防ぐそのほかの取り組み
  5. 工場の危険予知に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の危険予知を的確に行うポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.工場にはどんな危険が潜んでいる?

最初に、工場にはどんな危険が潜んでいるか具体的に見ていきましょう。

1-1.従業員が稼働中の機械に巻き込まれる

工場では、従業員が稼働中の機械に巻き込まれる事故が起こることがあります。多くの場合、操作ミスや安全確認を怠ったことが原因です。場合によっては、大ケガにつながるほか、最悪の場合は人命を失うこともあります。工場で起こりうる危険の中でも重要度が高く、速やかに対策する必要があるといえるでしょう。

1-2.薬品に触れたり吸い込んだりする

従業員が何らかの理由で薬品に触れたり吸い込んだりし、中毒症状や皮膚炎などを発症することもあります。工場には、毒薬や劇薬扱いになる薬品が多く保管されているものです。管理体制がずさんだったり、誤った使い方をしていたりすると、薬品による思わぬ事故につながるので注意しましょう。薬品の管理をきちんとし正しい使い方を徹底することで、リスクを回避できます。

1-3.工場火災

工場火災も、工場で起こりうる危険の一つです。主な原因として、薬品の間違った使い方、薬品の管理がずさん、タバコの火の不始末などが挙げられます。工場火災は、大きな事故につながりやすく、多数の負傷者を出す可能性もあるでしょう。また、工場にとって大きな損害につながるほか、煙害による近隣への影響もあります。工場火災を防ぐためにも、危険予知トレーニングは重要な意味を持っているのです。

1-4.従業員がものにぶつかったり転倒したりする

従業員がものにぶつかったり転倒したりすることも、工場にありがちな危険です。工場には、製造機械・各種設備・材料・製品などたくさんのものがあります。きちんと整理整頓できていないと、たちまちゴチャゴチャしてしまうでしょう。本来ならものがあってはならないところに置いてしまえば、視界を妨げたり体にぶつかったりして転倒するのも自然なことです。

1-5.従業員同士がぶつかる

工場では、従業員同士がぶつかってしまうこともあります。両者の不注意が主な原因だとしても、設備や機械の不適切な配置によって視界が悪いことも原因といえるでしょう。工場の整理整頓ができていない、設備や機械が動線を考えた配置になっていないことなどがあると、従業員同士がぶつかるリスクが高くなります。

2.危険予知トレーニングの目的は?

危険予知トレーニングの主な目的について、詳しく解説します。

2-1.起こりうる危険を予知して事故を防ぐ

危険予知トレーニングの主な目的は、起こるうる危険を予知して事故を防ぐことです。工場にはあらゆる危険があり、ちょっとしたことから大きな事故につながることもあります。しかし、事前にどんな危険があるか把握して原因となるものを排除したり改善したりすることで予防することが可能です。実際に、危険予知トレーニングをしっかり実施しているかどうかで、工場の事故率が大きく違ってきます。

2-2.労働環境を改善して従業員の安全を守る

労働環境を改善して従業員の安全を守ることも、危険予知トレーニングの目的の一つになります。対策を怠ったために従業員が危険に巻き込まれることは、企業としてあってはならないことです。工場が正常に生産活動を行えるのは、従業員が安心して働ける労働環境であることが前提になります。したがって、労働環境を改善して従業員の安全を守るためにも、危険予知トレーニングの意味は大きいといえるでしょう。

2-3.工場の生産効率を高める

危険予知トレーニングの目的として、工場の生産効率を高めることも挙げられます。工場で事故が起これば、生産活動が止まってしまうからです。一時的なものであっても生産活動に遅れが出るほか、場合によっては納期に間に合わないケースも出てくるでしょう。工場の事故を防ぐことは、生産活動をスムーズに行い、生産効率を高めるためにも必要不可欠なのです。

3.危険予知トレーニングの取り組み方

危険予知トレーニングの取り組み方を、主な手順に沿って詳しく見ていきましょう。

3-1.工場で起こりうる危険を洗い出す

まずは、工場で起こりうる危険をすべて洗い出しましょう。最初の段階でできるだけ多くの危険を見つけ出すことが、大きなカギになります。特に生産工程が多い工場ほど、たくさんの危険が隠れているものです。生産現場のリアルな声を集めるためにも、担当工程ごとに意見を出し合い、その後、全体でまとめるようにするとよいでしょう。

3-2.特に重要度が高い項目を選ぶ

工場で起こりうる危険を洗い出したら、特に重要度が高い項目を選び、優先順位を付けてください。重要度が高い項目を選ぶ基準は、大きな事故やケガ・損害につながるもので、すぐに改善が必要と判断されるものです。もちろん、重要度が低いものを放置してよいということではありませんが、効率よく危険予知トレーニングを進めるためにも必要な過程といえます。

3-3.対策案を話し合う

特に重要度が高い項目について、対策案を話し合いましょう。どんなことにも、必ず原因があるものです。何が原因になりうるかを正しく突き止め、予防に向けた対策案を出し合いましょう。従業員から提案された対策案は、どんなに小さな内容であっても記録しておいてください。実際に、現場の意見が一番の対策案になることも多いからです。

3-4.工場共通のルールを決定し通知する

最後に、対策案をまとめて工場共通のルールを決定し、従業員全員に通知してください。危険を回避して事故を未然に防ぐためには、共通ルールを決定しただけでは不十分です。従業員に通知して認識を改めてもらうことで、初めて意味をなします。なお、通知した後も効果が見られるか、定期的にチェックしましょう。

4.工場の事故を防ぐそのほかの取り組み

危険予知トレーニング以外にも、工場の事故を防ぐための取り組みがあります。

4-1.作業マニュアルの作成と共有の徹底

工場の事故を防ぐためには、作業マニュアルの作成と共有を徹底することが大切です。工場の事故の原因を探っていくと、作業マニュアルが共有されておらず、従業員によって認識がバラバラだったという例もあります。これでは、どんな対策を進めるにしても工場内の統一を図るのは難しいでしょう。工場の生産効率を高める意味でも、作業マニュアルの見直し・作成と共有の徹底が必要不可欠です。

4-2.5S活動の推進

5S活動の推進も、工場の事故を防ぐために必要な取り組みです。5Sは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5つの項目によって構成されています。具体的な内容は、以下をご覧ください。

  • 整理:不用品を捨てること
  • 整頓:必要なものを使いやすく並べること
  • 清掃:キレイに掃除することおよび点検すること
  • 清潔:清掃してキレイな状態を維持すること
  • しつけ:キレイに使うように習慣付けること

5Sの考えが従業員に浸透すると、工場の労働環境が最適な状態に保たれるため、生産効率が上がる効果も期待できます。

4-3.ヒヤリ・ハット活動の推進

ヒヤリ・ハット活動の推進も、工場の事故を減らすために有効です。ヒヤリ・ハット活動とは、事故には至らなかったものの、少し間違えば重大な結果になっていたと予測されることを認知・共有する活動を指します。一つの事故の裏には無数のヒヤリ・ハットが隠れているといわれることから、ヒヤリ・ハット活動も重要な意味合いを持つのです。定期的にヒヤリ・ハット報告会を開き、従業員それぞれが気付いたことを発表することで、新たな危険予知および事故の予防に大きな効果が期待できます。

4-4.設備・機械の定期的なメンテナンス

工場の設備や機械の定期的なメンテナンスも、工場の事故を防ぐために必要な取り組みです。工場の設備や機械が古かったり不具合があったりすると、従業員が負傷するなどの事故につながりやすいので注意してください。工場の設備や機械の定期メンテナンスを欠かさないだけでなく、異常があったらすぐに使用を中止し、修理を行うことが必要です。また、最適な労働環境を整える意味でも、照明器具や空調器具などのメンテナンスも忘れずに行いましょう。

4-5.安全教育の実施

従業員に対し、安全教育を実施することも工場の事故を防ぐために重要なポイントです。作業マニュアルの作成と共有の徹底だけでは不十分な部分を、安全教育でカバーすることができます。普段から職場のリーダーが部下に対して注意喚起をするだけでなく、定期的に安全教育を実施して、事故の怖さや普段から対策することの重要性を共有することが大切です。

4-6.従業員の健康推進

従業員の健康推進のために、健康診断やカウンセリングなどを実施したり、労働環境を見直したりすることも工場の事故を防ぐ方法になります。従業員の体調管理が行き届いてこそ、業務に集中することができ、安全な生産活動につながるからです。従業員が体調不良のまま業務を行った場合、集中力や判断力の低下により、思わぬミスを招くことがあります。たとえば、機械の操作を間違えて、大きな事故につながることもあるので注意してください。

5.工場の危険予知に関するよくある質問

最後に、工場の危険予知に関する質問に回答します。それぞれ目をとおしてください。

Q.短期アルバイトの従業員にも危険予知トレーニングが必要?
A.必要です。雇用形態を問わずすべての従業員に危険予知トレーニングを行ってください。短期アルバイトは、特に無知による事故が起こりやすいため、危険予知トレーニングを徹底することが大切です。

Q.工場の事務所に勤務する従業員にも危険予知トレーニングすべきか?
A.危険予知トレーニングすべきです。事務職として働く場合であっても、業務のために工場内に立ち入る可能性があります。また、事務所ならではの危険もあるため、定期的に危険予知トレーニングを実施してください。

Q.工場の危険予知トレーニングを行う頻度は?
A.特に決まりはありませんが、月1回は担当工程ごとに行うことがおすすめです。定期的に危険予知トレーニングを行うことで、従業員の意識を高めることができ、危険を未然に防ぐことができます。また、何らかの事故が起きた後は、なるべくすぐ危険予知トレーニングの機会を作ってください。

Q.勤務時間外に危険予知トレーニングを実施してもよいか?
A.従業員の承諾があれば、勤務時間外に行っても構いません。ただし、危険予知トレーニングも業務の一部であり、本来なら勤務時間内に行うべきものなので、残業手当を支給する必要があります。

Q.危険予知トレーニングのマンネリ化を防ぐ方法は?
A.抜き打ちチェックをする、優秀なチームを表彰するなどが効果的です。また、危険予知トレーニングの内容を適宜見直し、最新の情報を取り入れたり現場の声を反映したりすることも必要でしょう。

まとめ

今回は、工場の危険予知について詳しく解説しました。工場には、あらゆる危険が存在しています。事故を未然に防ぐだけでなく、従業員の安全を守り工場の生産効率を高めるためにも、確実に危険予知トレーニングを進めることが大切です。なお、工場の事故を防ぐためには、作業マニュアルの作成と共有の徹底、5Sの推進、設備や機械のメンテナンスなども必要になります。また、従業員の安全教育を進めることも忘れずに行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加