工場の品質目標とは? 設定時の注意点や達成するコツを詳しく解説!

「工場の品質目標を設定する場合、具体的にどんな点に注意すべきか」「工場の品質目標を達成するポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 工場の品質管理を行う上で、品質目標の設定は必要不可欠です。工場の品質目標を掲げることは、工場の生産効率を高め、売り上げおよび利益の拡大につながります。しかし、実際にどんな目標を設定すべきか、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、工場の品質目標について詳しく解説します。

  1. 工場の品質目標とは?
  2. 工場の品質目標の具体例
  3. 工場の品質目標を設定するときの注意点
  4. 工場の品質目標を達成するポイント
  5. 工場の品質目標に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の品質目標を設定するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.工場の品質目標とは?

最初に、工場の品質目標とはどんなものか見ていきましょう。

1-1.工場が実現すべき品質レベルを数値化したもの

工場の品質目標とは、工場が実現すべき品質レベルを数値化し測定可能にしたもので、企業が達成すべきものです。たとえば、単に不良品を減らすといっただけでは、具体的な数値がないためぼんやりとしています。たとえば、「不良品を前年比で5%減らす」など、具体的な数値を入れて目標化することで、実現するために動きやすくなり、実際に達成すべき目標として説得力を持つのです。業績を伸ばしている企業は、工場の品質目標をきちんと数値化して設定し、達成に向けて努力をしています。

1-2.一定レベルの品質の維持や改善の目安になる

工場の品質目標を設定することで、一定レベルの品質の維持やさらなる改善の目安になります。何も目標を定めない状態では、従業員のモチベーションが下がり、判断ミスが発生することもあるでしょう。すでに一定レベルの品質を達成できている場合でも、意識してそのレベルを維持しなければ、不良品が発生したり稼働率が下がったりするものです。品質目標の設定は、現状維持だけでなく、さらなる改善のためにも必要不可欠といえます。

2.工場の品質目標の具体例

工場の品質目標の具体例を3つご紹介します。

2-1.株式会社浜野製作所(墨田区・金型設計および加工など)

株式会社浜野製作所では、工場の品質目標に向けて以下のような活動を進めています。

  • ISO9001に基づく品質管理目標の設定
  • 製造部主導に基づく「ヒヤリ・ハット事例」の報告
  • 品質パトロールの実施
  • 従業員向けの品質勉強会の実施
  • 3S(整理・整頓・清掃)の活動

いずれも定期的に実施し、工場全体の品質向上に向けて努力しています。

2-2.株式会社NICHIJO(札幌市・ロータリー除雪車製造など)

株式会社NICHIJOでは、品質方針に関するスローガンを全社レベルで掲げるほか、社員に対して品質向上に取り組む上での標語の募集を行い優秀作品を表彰しています。品質向上に対する意識が自然と高まり、モチベーションの維持につながっている例です。トップダウン方式による伝達だけでなく、社員一人ずつが当事者意識を持って取り組むようにしています。

2-3.東京精電株式会社(杉並区・変圧器製造など)

東京精電株式会社では、全社の品質方針に基づき、部門ごとに細かく品質目標を設定しているのが特徴です。たとえば、電子装置製造課および変成器製造課における品質目標は、以下のようなものになっています。

  • 客先からのクレームを0件にする
  • 納期1日前達成率を100%にする
  • 自己啓発による多能工化と資格取得の促進

実際には、それぞれの工場で表現に多少の差異はあるものの、工場の品質目標を分かりやすく数値で表現したり従業員に対する教育の強化を促したりしています。

3.工場の品質目標を設定するときの注意点

工場の品質目標を設定するときには、いくつかの注意点があります。

3-1.何を改善したいのか明確にする

工場の品質目標を設定するときは、何を改善したいのか明確にしておくことが大切です。やみくもに品質向上を掲げても、具体的に何をすればよいのか分からないのでは、従業員も困ってしまいます。まずは、自社で改善すべきポイントを把握した上で、何をどれだけ改善すべきか明確にしていきましょう。

3-2.自社の品質方針に沿っている

工場の品質目標を設定するときには、自社の品質方針に沿っていることが基本です。自社の品質方針とかけ離れた内容を設定してしまうと、企業としての方向性がブレてしまいます。どんな努力をすべきか分からなくなり、従業員も混乱してしまうことでしょう。自社の品質方針と工場の品質方針を照らし合わせ、方向性にズレがないようにしてください。

3-3.測定可能な内容にする

工場の品質目標は、測定可能な内容にしましょう。たとえば、不良率を減らすにしても、具体的な数値を入れた目標にすることで、進捗状況も達成度も把握しやすくなります。実際に努力した結果が数値で示されるので、従業員のモチベーションアップやさらなる改善努力につながるでしょう。

3-4.法律による規制内容や顧客要求事項を取り入れる

法律による規制内容や顧客要求事項を取り入れることも、工場の品質目標設定に必要なことです。たとえば、ISO9001に基づく内容や、納期を守るといった顧客要求事項などを取り入れましょう。また、製品に関連する各種法律による規制内容を加え、法律に沿って適切に生産活動することを明示することも必要です。

3-5.顧客満足度の向上につながっている

工場の品質目標は、顧客満足度の向上につながっていることも重要なポイントです。顧客満足度を無視した品質目標を設定しても、何もメリットはありません。顧客からのクレームや要望などをまとめ、顧客満足度の向上につながるような品質目標を設定しましょう。すると、顧客からの印象もよくなり、売り上げアップ効果も期待できます。

4.工場の品質目標を達成するポイント

工場の品質目標を達成するためのポイントを具体的に見ていきましょう。

4-1.従業員全員に認識させて意識を高める

工場の品質目標を達成させるためには、従業員全員に正しく認識させて意識を高めることも必要です。品質保証についての教育を定期的に行い、従業員の理解を深めると共に、モチベーションを維持するようにしましょう。たとえば、不良率を5%削減するために必要なことなど、具体的な数字を挙げて説明すると分かりやすくておすすめです。

4-2.定期的に見直しを行う

工場の品質目標を達成するためには、定期的に見直しを行うことも大切です。目標は、高過ぎても低過ぎてもいけません。目標が高過ぎると従業員に大きな負担がかかるほか、目標未達成が続いてモチベーションの低下につながることがあります。また、目標が低過ぎると簡単に達成できてしまい、意味がありません。目標設定が適切かどうか、定期的に見直すことで、常に改善意識を持って業務に当たることができるようにしましょう。

4-3.5Sを徹底する

工場の品質目標を達成するためには、5Sの徹底も効果的です。具体的には、以下をご覧ください。

  • 整理:不要なものを処分する
  • 整頓:工場機械や工具を使いやすく並べておく
  • 清掃:定期的に掃除をしつつ、不具合などがないか点検する
  • 清潔:常にキレイな状態を維持する
  • しつけ:上記4項目を意識して実施できるように習慣づける

実際に5Sが徹底している企業は、高い品質目標を達成できています。

4-4.高品質な工場機械を導入する

高品質な工場機械を導入することも、工場の品質目標を達成するポイントの一つです。高品質な工場機械を導入すれば、不良品が出にくくなって品質目標を達成しやすくなります。また、生産効率が高まるので、企業の利益増加に大きく貢献することでしょう。たとえば、当三丸機械工業では、高品質なホモジナイザーを取り扱っており、大変ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

5.工場の品質目標に関するよくある質問

最後に、工場の品質目標に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.工場の品質目標を達成したのに売り上げが増えないのですが?
A.単に工場の品質目標を達成しても、即座に売り上げにつながるとは限りません。売り上げアップのためには、営業部門や広報部門との連携も必要になります。

Q.工場の品質目標を達成しない場合はペナルティーを与えるべきか?
A.ペナルティーを与える前に、品質目標を達成できなかった原因を突き止めるべきでしょう。同時に、速やかに改善できるよう指導することも必要です。単にペナルティーを与えても、状況改善につながるとはいえません。工場長や班長などを集め、いま一度品質目標について理解を深めてもらうほか、職場の改善要求などにも耳を傾けるとよいでしょう。

Q.工場の品質目標を達成するには経費が増えても構わない?
A.場合によっては、経費が増えることもあるでしょう。もちろん、経費が増えると利益を圧迫することになるので、できるだけ無駄遣いしないように努力すべきです。

Q.工場の品質目標は工場ごとに設定すべきか?
A.はい。工場ごとに設定すべきでしょう。全社共通の品質目標と共に、工場単位で独自の品質目標を設定するとより効果的です。

Q.工場の品質目標の達成度はどんなタイミングで評価する?
A.1か月・3か月・6か月など、期間を決めて評価しましょう。同時に、現場から問題点や解決案などを吸い上げ、さらなる品質向上に向けて活用できるようにしてください。

まとめ

今回は、工場の品質目標について詳しく解説しました。工場の品質管理を適切に行うことで製品の品質が向上し、顧客満足度が高くなって売り上げアップにもつながります。まずは、工場の現状を見直し、適切な品質目標を設定することが必要です。具体的に数値で管理できるようにし、従業員にも分かりやすく教育することもポイントになります。なお、工場の品質目標を考える場合、高性能な工場機械の導入も一つの方法となるでしょう。工場の品質目標を達成しやすくなり、生産効率が上がるなどのメリットが期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加