工場の事故防止対策について解説! 管理者と従業員が心がけることは?

工場は事務仕事をするオフィスより事故が起こりやすい場所です。ですから、どの工場も事故防止の対策を立てています。安全教育に力を入れている工場も多いことでしょう。その一方で「事故防止対策が不十分な気がする」と漠然とした不安を抱えている人もいると思います。

そこで、今回は工場で事故が起こりやすい原因や事故防止の対策方法などを紹介しましょう。

  1. 工場で事故が起こる原因
  2. 工場で起こる事故を防ぐ方法
  3. 工場で事故が起きたときの対応策
  4. 工場の事故防止に関するよくある質問

この記事を読めば、事故が起こった場合の対処方法も分かります。工場で事故防止に取り組んでいる人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.工場で事故が起こる原因

工場では、なぜ事故が起こりやすいのでしょうか? この項では、工場で起こる事故の原因について解説します。

1-1.工場で起こる事故はヒューマンエラーが多い

工場の事故というと、爆発など死傷者が多数出る大きな事故をイメージする人も多いことでしょう。しかし、現在は技術の進歩によって工場で使う危険な機械や劣悪な作業環境が原因の事故は減ってきています。その一方で、転倒や高いところからの転落、マニュアルを守らなかったことによって起こる機械の誤作動など、ヒューマンエラーは減っていません。つまり、現在、工場で起こる事故の原因はヒューマンエラーが多いといえます。

1-2.乱雑な工場では事故が起こりやすい

工場の中には仕事で使う道具や資材、配線ケーブルなどが散乱しているところもあるでしょう。乱雑な工場では、転倒や転落などの事故が起こりやすくなります。「仕事の性質上どうしようもない」というケースもありますが、可能な限り整理整頓するだけで、事故が減ることもあるでしょう。

1-3.マニュアル無視は事故につながる

今は多くの工場がマニュアルを作り、それに沿って作業をしています。マニュアルどおりに作業を行えば事故は起こりにくくなっているものです。しかし、マニュアルを無視した手順で仕事を行うことが当たり前になっているところもあります。このような工場は事故が起こりやすくなるでしょう。

1-4.慣れが事故につながる

危険を伴う作業を行うときは、安全対策をしっかりと行います。安全対策の中には、面倒だと感じることもあるでしょう。そのため、慣れてくると安全対策を怠る人も出てきます。安全対策を行っていれば防げた事故が発生するのは、「慣れ」が警戒心を緩ませたケースが多いのです。

工場で起こる事故はヒューマンエラーが多いんですね。
はい。慣れが事故につながるケースも珍しくありません。

2.工場で起こる事故を防ぐ方法

では、工場で起こる可能性がある事故を防ぐには、どうすればいいのでしょうか?その一例を紹介します。

2-1.管理者は安全教育を徹底する

工場の管理者は事故を防ぐために安全教育を徹底しましょう。安全教育を行うことで、従業員に作業の危険度や安全対策の大切さを知らしめることができます。新入社員だけでなく、勤続年数が長い従業員に対しても定期的な安全教育は必要です。

2-2.管理者は無理な生産計画を立てない

生産計画が厳しいと、マニュアルどおりに作業をしていては間に合わなくなることがあります。その結果、マニュアル無視や安全対策の軽視が当たり前になってしまうこともあるでしょう。これでは本末転倒です。

2-3.管理者はミスを報告しやすい環境を作る

ミスに対し厳しい態度や罰則で対処すると、従業員はミスを隠すようになります。その結果、ミスが積み重なって事故につながることもあるでしょう。管理者はミスに厳しい態度でのぞむより、ミスを報告しやすい環境を作ることが大切です。

2-4.作業者は整理整頓を徹底する

前述したように、作業する場所が乱雑だと事故が起こりやすくなります。可能な限り整理整頓を徹底し、仕事がスムーズに進む環境を作りましょう。また、面倒だからと安全対策を怠らないことも大切です。

2-5.作業環境を改善したいときは速やかに意見を述べる

衛生管理者や安全衛生推進者は、職場環境を整える役割を担っています。作業環境を改善してほしいと思ったときは、速やかに意見を伝えましょう。

安全教育も大切なんですね。
はい。定期的に行うことが大切です。

3.工場で事故が起きたときの対応策

この項では、工場で事故が起きたときの対応を解説します。再発防止にするにはどうしたらいいのでしょうか?

3-1.労働災害が起きた場合は労働基準監督署に報告する

工場で事故(労働災害)が起こった場合、けが人は指定された病院で治療を受け、後日労働基準監督署に報告します。労働災害で生じたケガや病気は、労働基準監督署が治療費を支払うことが決まっているので、必ず報告しましょう。なお、後日立ち入り調査が行われることがあります。

3-2.立ち入り調査は安全管理者などと行う

労働基準監督署が立ち入り調査を行った場合、安全管理者や安全衛生推進者が立ち会って行います。労働災害を隠蔽すると罰則が科せられますので、立ち入り調査まで現場保全に勤めましょう。

3-3.再発防止を心がける

立ち入り調査が終わったら、安全管理者や安全衛生推進者を中心に再発防止対策を行いましょう。必要ならば労働安全コンサルタントや労働衛生コンサルタントを外部から招き、指導を受けます。

まず、労働基準監督署に連絡することが大切なんですね。
はい。その上で再び同じ事が起こらないように対策を立てましょう。

4.工場の事故防止に関するよくある質問

この項では、工場の事故防止に関する質問を紹介します。

Q.けが人や病人が出なかった労働災害は労働基準監督署に報告する必要はありませんか?

A.いいえ。工場が破損した場合なども報告が必要です。

Q.ヒヤリ・ハットを防止すれば事故が起こりにくくなるんでしょうか?

A.はい。ヒヤリ・ハットと事故発生は紙一重です。ヒヤリ・ハットをまずなくすように心がけましょう。

Q.安全教育を仕事時間以外に行ってもいいですか?

A.安全教育は仕事の一環として行うことが基本になります。

Q.安全教育はどのくらいの頻度が適当でしょうか?

A.最低でも1年に一度は行うように心がけてください。

Q.工場の安全対策は一般的なオフィスでも使えますか?

A.はい。特に整理整頓はすべての職場に共通する事故防止の対策です。

まとめ

今回は、工場の事故防止対策について紹介しました。事故は思わぬ原因で起こることがあります。「このくらい大丈夫」と思い込まないことが大切です。安全教育や整理整頓を心がけるだけでも事故防止に有効となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加