食品から化学用品・医薬品まで! 様々な分野で活躍するホモジナイザーとは?


ホモジナイザーにはさまざまな種類があります。「ホモジナイザーを導入したいが、どれを購入していいか迷っている」という人もいるでしょう。また、「ホモジナイザーの導入を考えているが、ホモジナイザーの種類や特徴を知りたい」と考えている人もいると思います。そこで今回は、は高圧式ホモシナイザーを中心に、ホモジナイザーの利便性や役割を紹介しましょう。

  1. ホモシナイザーの役割は?
  2. 高まる需要
  3. ホモナイザーの利点

この記事を読めば、ホモジナイザーの特徴や導入するメリットも分かります。ホモジナイザーについて知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

1.ホモシナイザーの役割は?

ホモシナイザーとは液体の粒子を均一化することにより、製品の品質を向上化する機械です。一見滑らかに見える液体や、均一に見える個体も、顕微鏡レベルで見れば大きさはバラバラ。そのまま使用して製品を製造すれば、品質のばらつきは避けられません。ホモシナイザーとは、バラバラの粒子を均一にすることにより、製品の安定性、機能性を向上させることができる機械であり、現在、食品・化学用品・医薬品など商品の均一な、乳化や分散化が必要な業界で広く使われています。

ホモジナイザーは物質を均一化する機械なんですね。
はい。食品・医薬品・化粧品など、幅広い分野で高品質な製品を作るために欠かせないものです。

2.高まる需要

ホモシナイザーは食品、化学用品、医薬品などの様々な分野で需要が高まっています。たとえば、食品業界では今まで乳化剤にたよってきた食品の乳化・分散能力をホモシナイザーに置き換える動きが盛んです。ホモシナイザーを使うことによって、今までつかっていた乳化剤の添加量を減らせるのでより安全性の高く、味の良い商品を届けることができるのです。

乳化剤の添加量を下げる動きは、医薬品や化粧品業界の間にも広がっており、ホモシナイザーが持つ製品を高度に乳化・分散化できる機能が必要とされているのです。また、ケミカルや化学用品の分野では、製品を高度に粉砕・破砕することにも使用されています。

ホモジナイザーの需要は年々増加しているんですね。
はい。そのため、いろいろな種類のホモジナイザーが開発されています。

3.ホモナイザーの利点

3-1.省エネ

ホモナイザーは2000年のモーター高効率基準JIS C4212に準じた、高効率で低騒音なモーターやインバーターの仕様を推奨選定しておりますので、電力安定供給の確保と経費削減を求めるメーカーの要求に十分に応えることができます。

3-2.コンタミが少ない

高圧式ホモジナイザーは、メディアレスのため 直接メディアで磨り潰すビーズミルなどと比べると洗浄性がよく、違う製品処理への切り替えがスムーズにいきます。
イニシャルコストの削減にも効果的です。

3-3.乳化剤の減少に役立つ

食品業界では、製品をホモシナイザーにかけることにより、高度な乳化をすることができます。それによって乳化剤の仕様を減らすことができ、より安全性が高く、味の良い食品を消費者へ提供することができる。

3-4.高度な乳化、分散化が可能

食品、化学用品、医薬品の分野で求められている度な乳化・均質化のニーズにこたえ続けた結果、高度な乳化、分散化が求められる製品で多数の支持をいただき続けております。

3-5.個別のニーズに合わせた製品をお届け

メーカーの使用環境や製造計画などに個別に対応した最適なホモジナイザーを提供する事が可能です。もちろん修理、点検を含めたアフターサービスも充実しています。

ホモジナイザーのメリットはたくさんあるんですね。
はい。導入を迷っている人は、一度専門の業者から詳しく話を聞いてみましょう。

まとめ

今回は、ホモジナイザーの特徴や導入するメリットを紹介しました。ホモジナイザーを導入することで、より高品質な製品を作ることが可能です。また、古いホモジナイザーを10年以上使っている場合は、買い替えも検討しましょう。新製品の性能は驚くほど高まっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加