ホモジナイズ処理って何? ホモジナイザーの仕組みと共に解説します!


ホモジナイズとは、液体中に含まれているいろいろな物質の粒子を砕き、均一化することです。牛乳が有名ですが、化粧品や医薬品、牛乳以外の食品でもホモジナイズが行われることもあります。では、ホモジナイズはどのように行われるのでしょうか?
今回は、ホモジナイズ処理の方法やそれを行う機器、ホモジナイザーについて解説します。

  1. ホモジナイズ処理の基礎知識
  2. ホモジナイズ処理を行う機器とは?
  3. ホモジナイザーの導入方法
  4. ホモジナイズ処理に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、ホモジナイズ処理の方法やホモジナイザーの種類や導入方法などもよく分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ホモジナイズ処理の基礎知識

はじめに、ホモジナイズ処理とはどのようなことかということや、ホモジナイズ処理のメリットについて解説します。なぜ、ホモジナイズ処理が必要なのでしょうか?

1-1.ホモジナイズ処理とは?

前述のように、ホモジナイズ処理とは主に液体中に含まれているさまざまな物質を細かく砕き、均一化する方法です。複数の物質が混ざり合っている液体や固体の場合、物質ごとに粒子の大きさが違うことは珍しくありません。例えば、牧場で牛から絞ったばかりの牛乳を飲むと、脂肪分が塊となって浮いていることがあります。これは、脂肪分の粒子がタンパク質や水の粒子より大きいので、塊になって浮いてしまうためです。

1-2.ホモジナイズ処理をする理由

ひとつのかたまりの中に異なる大きさの粒子があると、手触りや舌触りが悪くなるほか、別の種類の物質と混ぜ合う際にも均一に混じらなくなります。たとえば、砂糖や塩を飲み物に溶かした時、かき混ぜ方が足りないと砂糖や塩の粒の食感を舌に感じることもあるでしょう。より滑らかな舌触りを実現するためや、製品の品質向上にホモジナイズは必要なのです。

1-3.ホモジナイズを行う方法

ホモジナイズを行うには、大きく分けて3つの方法があります。1つは、高速でかき混ぜる方法です。泡だて器でかき混ぜるのも一種のホモジナイズと言えるでしょう。もう1つは、超音波を当てて粒子を砕く方法です。こちらはより細かく粒子を砕くことができますが、一度に大量にホモジナイズすることはできません。ですから、実験室などで検体をホモジナイズするときに用いられる方法です。3つ目は、細い管のようなところにホモジナイズしたい物質を入れ、そこに高い圧力をかける高圧ホモジナイズという方法になります。狭い場所に入れた物質に高圧力をかけることで粒子同士を衝突させ、均一化する方法です。この方法だと、一度に大量の物質をホモジナイズ処理できます。工場などで行われているホモジナイズ処理というのは、大抵高圧で行われているのです。

2.ホモジナイズ処理を行う機器とは?

ホモジナイズ処理を行う機器が、ホモジナイザーと呼ばれるものです。前項でご紹介したように、高圧ホモジナイズ処理や、超音波によるホモジナイズ処理を行えます。ちなみに、攪拌(かくはん)してホモジナイズも行う機器は、攪拌機と呼ばれ、厳密に言えばホモジナイザーではありません。
ホモジナイザーは大きさもさまざまです。超音波を使用するホモジナイザーは小型なものが多く、ハンディタイプもあります。ですから、前述のとおり研究所や実験室のようなところで使われることが多いでしょう。一方、高圧ホモジナイザーは大型のものもあり、一度に大量の物質をホモジナイズ処理することが可能です。顧客の希望があれば、製造ラインに組み込むこともできます。

3.ホモジナイザーの導入方法

この項では、ホモジナイザーの導入方法について解説します。どのような方法があるのでしょうか?

3-1.ホモジナイザーの購入方法

ホモジナイザーには、新品と中古品があります。ホモジナイザーの値段は数十万~数百万と幅があり、大型になるほど高価です。ですから、中古市場も活発で、超音波ホモジナイザーのように小型機器はレンタルもあります。ですから、1回だけ使いたいという場合や、いろいろな機器を試してみたいという場合はレンタルしてみてもよいでしょう。あまり使用することはないが、ホモジナイザーは必要だという場合は、中古でも間に合います。しかし、毎日大量の物質をホモジナイズ処理する場合は、信用できるメーカーから新品を購入するのが一番です。

3-2.ホモジナイザーを扱っている業者について

ホモジナイザーを扱っている業者は、日本国内にたくさんあります。三丸機械工業でも多種多様なホモジナイザーを扱っており、ホームページからもご相談を受け付け中です。ホモジナイザーを導入したいが、どの製品がよいかよくわからないという場合は、ぜひご相談ください。

3-3.業者の選び方

ホモジナイザーは、製造から販売まで一貫して行っている業者と、販売のみを行っている業者があります。三丸機械工業は製造販売を行っており、万が一機器の調子が悪くなった場合のメンテナンスもお任せ下さい。特に、毎日大量の物質をホモジナイズ処理している場合、定期的な点検とメンテナンスは欠かせません。ぜひ、アフターフォローが充実している業者から、購入をしましょう。

4.ホモジナイズ処理に関するよくある質問

Q.家庭でホモジナイズ処理をすることはできますか?
A.電動泡だて器などで、高速で攪拌すれば少量の物質ならばホモジナイズ処理が可能です。手作りマヨネーズなどを作る時試してみてください。

Q.ホモジナイズ処理をした食品は、健康に影響はないのでしょうか?
A.ホモジナイズ処理とは物質の内部粒子を細かくするだけなので、物質を変質させるわけではありません。ですから、健康には全く影響などないのです。

Q.ノンホモ牛乳のほうがおいしいという話をよく聞きます。なぜですか?
A.ノンホモ牛乳は脂肪分の粒が大きいので、脂肪の甘みを舌に直接感じられます。そのため、それをおいしいと感じる人もいるでしょう。しかし、その反面脂肪分が塊になりやすく料理等には向きません。

Q.ホモジナイザーの旧製品と新製品の違いはなんでしょうか?
A.より素早くより均一に物質をホモジナイズ処理できるほか、大幅な省エネ構造になっています。

Q.ホモジナイザーはオーダーメイドのようなことは可能ですか?
A.はい。製造販売している会社なら、要望に合わせてホモジナイザーを造ることもできるでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回はホモジナイズ処理とホモジナイザーについて解説しました。あまり聞きなれない処理ですが、化粧品や食品など、ホモジナイズ処理の恩恵を受けている製品はたくさんあります。ホモジナイザーの買い替えや導入を検討している企業は、ぜひ一度三丸機械工業にご相談ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加