食品加工機械って何? 主な種類や製造時のメリットを徹底解説します!


食品製造を効率よく行うためには、食品加工機械の導入がおすすめです。しかし、どんな食品加工機械を導入するべきか、よくわからない人もいることでしょう。そこで、今回は、食品加工機械について詳しく解説します。どんな種類があるのか、製造時のメリットには何があるのか、しっかり理解しましょう。基本から学びたい人にもわかりやすく説明しているので、ぜひ読んでください。

  1. 食品加工機械とは
  2. 食品加工機械について詳しく学ぼう
  3. 食品加工機械を導入するにあたって
  4. 食品加工機械にかんするよくある質問

この記事を読むことで、食品加工機械の基本を正しく理解できます。どんな機械を導入するべきか、きちんと選べるようにもなるでしょう。読み終えるころには、食品加工機械にかんする不安が無くなっているはずです。まずは、記事の内容をひとつずつ確認しながら進めてください。

1.食品加工機械とは

最初に、食品加工機械の基本を学びます。使用シーンや必要性・導入のメリットなどの知識を身に付けましょう。

1-1.食品加工機械とはどんなもの?

食品加工機械とは、農産物や畜産物・水産物などの原料を加工処理するためのものです。食品の見た目を美しくしたり形状や状態に変化をもたらしたりします。食品加工機械を導入することによって、食品のメリットを最大限に活用することが可能になるのです。また、大量生産にも向くため、企業の利益向上にも貢献します。

1-2.食品加工機械の使用シーンや場所

食品加工機械は、食品工場で使用することになります。ひとつの製品ができあがるまでに、複数の種類の食品加工機械を使用していることが多いものです。その証拠に、大きな工場では、複数の種類・複数台の食品加工機械がラインに並んで稼働している風景を見ることができます。稼働している様子を見ると、人手が掛かる工程はごくわずかで済んでいることが理解できるでしょう。すでに、食品製造の大部分において食品加工機械が進出してきているのです。

1-3.食品加工機械の必要性について

私たちの生活から、「食」を切り取ることはできません。あらゆる食品を加工し、食べやすくおいしく食べることが求められているため、食品加工機械の必要性は高いのです。また、食品加工機械があるからこそ、私たちは手頃な価格でいつでもおいしいものを食べることができていると考えましょう。

1-4.食品加工機械のメリット

食品加工機械の導入には、多くのメリットがあります。

  • 高品質な製品を製造できる
  • 製品の均質化・安定化ができる
  • 大量生産が可能になる
  • 人件費の削減になる

適切な種類を選ぶことで、初期費用の投資を上回るメリットを実感できますよ。

1-5.食品加工機械にかんする最近の傾向

最近は、人々の好みが多様化するにつれて、食品にもバリエーションが多く求められるようになっているのが特徴です。食品加工機械にかんしても、技術を応用しやすく・使いやすいことを重視する傾向もあります。また、サイズのコンパクト化・省エネ化の傾向が強く出ているのも忘れてはいけません。食品加工機械にも、臨機応変に需要に対応する姿勢が求められているのです。

2.食品加工機械について詳しく学ぼう

食品加工機械について学びましょう。どんな種類があるのか、また、加工技術の詳細など、詳しく解説します。

2-1.食品加工機械にはどんなものがある? 

主な種類は、以下を参考にしてください。

  • ホモジナイザー:食品を細粒化する
  • フライヤー:食品を油で揚げる
  • 食品乾燥機:食品を乾かす
  • 急速冷凍機:食品を急速冷凍する

2-2.食品加工技術にはどんなものがある?

食品加工技術の一例は、以下をご覧ください。

  • 細粒化:食品を細かな粒子に変えることで乳化や均質化しやすくなる
  • 乾燥:食品の水分を適切に抜くことで長期保存が可能になる
  • 急速冷凍:食品の鮮度・味を落とさずに急速冷凍する
  • シート成形:食品をシート状に加工することで調理の可能性を広げる

このほかにもさまざまな技術があり、日々進歩しています。食品加工技術の進歩は、私たちの食生活を豊かにしているのです。

2-3.食品加工機械の省エネ・地震対策はどう?

食品加工機械にも、省エネ・地震対策の波が来ています。省エネを考えて設計した機械は、長く稼働するほどに効果を実感できるはずです。また、一定以上の大きさの地震が来たときに安全に停止する機能が付いている機械も多くあります。万が一のときを想定しても、安心して使うことができるでしょう。

2-4.食品加工機械の洗浄やメンテナンスについて

食品加工機械は、口に入るものを取り扱うため、こまめな洗浄が必要不可欠です。また、原料の詰まりやこびり付きによる動作不良や故障が起きやすいため、こまめなメンテナンスも行ってください。導入時に業者から洗浄やメンテナンスの方法を教えてもらいましょう。また、自分たちで対応できないときはすぐに業者に連絡してください。

2-5.食品加工機械の耐用年数について

食品加工機械の法定耐用年数は、10年です。つまり、新品の状態で導入してから10年程度使用できることになります。耐用年数はあくまでも、減価償却時の目安です。メンテナンスが悪いと耐用年数に満たなくても寿命を迎えるので注意しましょう。できるだけ長く使うためにも、日ごろから適切なメンテナンスを心掛けてください。

2-6.食品加工機械にかんする注意点

どんなに優れた食品加工機械であっても、目的に合わないものでは宝の持ち腐れとなります。それに、目的がはっきりしない状態では、業者も最適なものを提案することができません。まずは、どんな目的で食品加工機械を導入したいのかはっきりとしておきましょう。どんな目的を達成するために、どのような機能がほしいのかがわかれば、導入するべき食品加工機械の種類が判明します。

3.食品加工機械を導入するにあたって

食品加工機械を導入するときにも、いくつかのポイントがあります。失敗しないためにも、きちんと理解しておきましょう。

3-1.業者選びのポイントを詳しく解説

食品加工機械の購入は、信頼できる業者選びが大きなカギを握ります。業者選びのポイントをチェックしておきましょう。

  • 食品加工機械の製造・販売で信頼と実績がある
  • 食品加工機械の分野で評判がいい
  • 導入したい種類の食品加工機械を扱っている
  • 導入にかんして親身になって相談に乗ってくれる
  • 見積もりの対応がきちんとしている
  • アフターフォローがしっかりしている
  • 適正価格での導入が可能

なお、当三丸機械工業でも、食品加工機械のひとつであるホモジナイザーを扱っています。ホモジナイザーを幅広く扱い、経験も豊かな当社からの導入をご検討ください。

3-2.アフターフォローの内容を重視しよう

食品加工機械は、アフターフォローの内容も重視してください。機械類は、メンテナンスが大切です。また、調子が悪いときや故障したときには、適切な対応を取ることが損害を最小限にします。トラブルがあったときに、すぐに対応してくれる業者から購入しておけば安心して使い続けることができるでしょう。購入時には、アフターフォローのいい業者を選んでください。

3-3.テスト貸し出しで製品を見極めよう

食品加工機械の導入前に、テスト貸し出しを行っている業者もあります。実際に1週間程度使用することで、期待していた結果を出すことができるか判断できるという点は大きなメリットです。テスト貸し出しを利用して、本当に導入するべき製品か見極めましょう。なお、希望した機械の貸し出しがあるとは限りません。詳しくは業者に確認してください。

3-4.食品加工機械のレンタルや中古市場について

食品加工機械は、新品での導入だけでなく、レンタルを利用する方法もあります。ごく短期間の使用だけのときは、レンタルもいい方法です。また、食品加工機械は中古市場でも活発な取り引きを見ることができます。中古品でも、型式が新しく使用感が少ないものがあれば掘り出しものです。新品にこだわらないのであれば中古での導入も検討しましょう。

3-5.食品加工機械の価格について

食品加工機械の価格は、小型のもので1台当たり数十万円からが目安となります。最新型で高性能なものになると数百万円以上のものもあるなど、より高額になるものです。購入価格については、導入台数によっても上下するため、業者に見積もりをもらって確認してください。新品での導入が予算の関係で厳しいときは、中古やレンタルを考えるといいでしょう。

3-6.食品加工機械の導入にかんする注意点

食品加工機械は、安いものではありません。そのため、種類選びは慎重に行うべきです。気になる機械があるときは、テスト機貸し出しができるか確認すると同時に、新品での購入価格・中古での購入価格・レンタルした場合の料金を比較して、メリット・デメリットを十分に考えてください。なお、実際の導入には業者のアドバイスを求めましょう。最終的に決めるのは顧客ですが、長年の経験がある業者の意見も参考にしてみてください。

4.食品加工機械にかんするよくある質問

最後に、食品加工機械にかんするよくある質問に回答します。導入で失敗しないためにも、それぞれ確認しておきましょう。

4-1.食品加工機械の保証期間はどのくらいですか?

メーカーや機種によって異なる場合もありますが購入後1年間が目安となります。ただし、中古品の場合は、3か月や1か月といった短期間の保証となるので注意しましょう。理由は、耐用年数が少なく、故障のリスクが新品より高くなるからです。なお、保証期間内であっても想定外の使用による故障の場合は、保証対象外となることは変わりありません。

4-2.導入後すぐになら別の種類に変更してもらうことはできますか?

まずは、業者との契約を確認しましょう。たとえば、お試し期間ということで一定期間の返品を受け付けているのなら別の種類への変更も可能なことがあります。しかし、特に明記が無く、通常購入の契約の場合は、無償での交換は難しいでしょう。いずれにしても、業者に相談して最善の対応をしましょう。

4-3.自社の製品に合わせてカスタマイズするために必要な期間は?

食品加工機械を導入する場合、メーカーの標準仕様のままではなく、カスタマイズ仕様を依頼することもよくあるものです。しかし、カスタマイズするためには図面作成から行うことも多く、実際の納品までに数か月必要になる場合もあります。製造計画に合わせて納品してもらいたい場合は、早めに相談して仕様を決めてください。

4-4.食品加工機械の修理中に代替機を貸してもらえますか?

貸し出し可能な代替機がメーカーにあれば、可能な場合もあります。まずは、相談してみましょう。ただし、修理中の機種とまったく同じ種類を貸し出してもらえるかどうかはわかりません。修理中の代替機で問題なく製造可能かどうかを含め、検討してみてください。なお、修理対応をできるだけ急いでもらうことも大切です。

4-5.食品加工機械のメンテナンスは専門業者に依頼するべきですか?

食品加工機械のメンテナンスは、購入したときの業者に依頼しましょう。適切なメンテナンスは、機械の仕組みに精通していてこそ可能だからです。メンテナンス作業によってかえって調子が狂ってしまっては話になりません。その点でも、アフターフォローやサービスが充実した業者で購入しておけば安心です。

まとめ

食品加工機械について、詳しくまとめました。最後まで読んだ人は、食品加工機械についての基本を理解できたことでしょう。また、自分が求める食品機械の条件について整理できたはずです。食品加工機械の導入は、企業にとって大きなメリットとなります。適切な種類を選ぶためにも、信頼できる業者を選んで相談してみてください。業者選びを間違えなければ、必ず結果を出すことができますよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加