管理しやすい工場設備とは?選び方や交換のポイントをご紹介します。


工場設備とは、工場を動かして利益を上げるために必要な設備のことです。
どんな設備が必要なのかは工場によって違います。
しかし、自動化、省エネ化などの共通項目も少なくありません。
また工場設備管理がしやすいかどうかも重要です。
そこで、今回は工場設備の選び方や管理方法についてご紹介しましょう。

  1. 工場設備とは?
  2. 工場設備を整える際のポイント
  3. 実際に設備を購入する際のポイント
  4. 工場設備にかんするよくある質問

工場設備は年々進歩しています。
ですから、保守点検をしっかりと行うのはもちろんのこと一定の年数が経過したら、交換も視野に入れなければなりません。
この記事を読めば、交換のタイミングなども分かるでしょう。
工場に勤めている方や設備管理をしている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.工場設備とは?

工場設備とは、よりよい製品を作り利益を上げるために必要な設備の総称です。
生産しているものや、従業員の人数、さらに求められるクオリティによっても必要な設備は異なるでしょう。
また、工場設備をおろそかにしては、高品質の製品は作れません。
たとえば、工場設備が行っていることは手作業でも代替え可能です。
しかし、手作業で行えばそれだけ時間もかかりますしクオリティにも差が出るでしょう。
ですから、より早くより効率的に、高品質の製品を作るためには、工場設備をその工場にとって最適なものにしなければなりません。

2.工場設備を整える際のポイント

では、工場設備を新しく作ったり交換したりするときに気をつけなければならないポイントとはなんでしょうか?
この項ではその一例をご紹介します。

2-1.省エネ

工場を稼働させるには、電力をはじめとするさまざまなエネルギーが必要です。
全くエネルギーを使わずに工場設備を動かすことはできません。
そのエネルギーをどれだけ少なくできるかは、工場設備しだいでしょう。
同じ設備を利用していても新しいものの方がより省エネ度が高いです。
そのため、動きに問題はなくても省エネという点から見ると、交換した方がよいというものも少なくないでしょう。

2-2.メンテナンスのしやすさ

特に食品工場の場合、工場設備は常に清潔でなければなりません。
また、それ以外でも掃除や点検などがしにくい機械ですと、それだけ寿命が短くなるでしょう。
ですから、メンテナンスのしやすさや管理のしやすさはとても大切です。
また、工場設備の設置の仕方も重要になるでしょう。
管理やメンテナンスのしやすいように工場の設備を設置できるようにすれば、それだけ作業効率も上がりやすいのです。

2-3.耐用年数について

工場設備は高価です。一台で数千万円~数億する設備も珍しくないでしょう。
ですから、一度導入した機械は数十年使いたい、という工場のオーナーが大半だと思います。
そのため、できるだけ頑丈な機械を導入する人もいるでしょう。
しかし、設備の耐用年数は機械の頑丈さよりもメンテナンスや整備の頻度によって前後することが多いのです。
ですから、耐用年数はメンテナンスのしやすさとセットで考えましょう。

2-4、アフターフォローについて

工場設備は、定期的に専門業者によるメンテナンスが不可欠です。
アフターフォローの有無は重要になります。たとえ有料でも、長期間アフターフォローがあれば工場設備の寿命も延びるでしょう。そのため、アフターフォローの有無で業者や使う機材を決めてもよいですね。

2-5.地震対策

近年、日本では震度5以上の地震が多発しています。
今まで安全だと思われていた地域にも地震が起こっているので、地震対策は必要です。
また、地震対策がなされていない工場設備は、今からでも地震対策ができるかどうか相談してみてください。

2-6.補助金について

自治体によっては、特定の条件をクリアするとエコ活動に貢献したということで、補助金が出る場合もあります。
CO2をカットする機能がついた工場設備などを導入すれば、高価ですが補助金が出る分かえってお得になる場合もあるでしょう。
さらに、税金なども安くなるケースもあります。
ですから、思いきって高価な機材を導入したいという場合は、メーカーと相談して補助金が受けられるかどうかも調べてみましょう。

3.実際に設備を購入する際のポイント

では、実際に工場設備を購入する場合、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか?
この項で少し詳しくご紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

3-1.業者選びのポイント

工場設備を製造したり販売したりしている業者はたくさんあります。
中には、同業他社がたくさんいて、どこに依頼しようか迷っていることもあるでしょう。
その場合は、対応が早いところを選ぶとよいですね。
何か注文をしてもなかなか応えてくれない会社では、アフターケアなどにも期待できません。
また、「長年取り引きがある」という業者の場合も、時代にそぐわなくなっていることもあるでしょう。
そのような場合は、同業他社に思いきって変えることも大切です。

3-2.アフターフォローについて

業者によって、アフターフォローの程度は変わってきます。
どんな業者でも一定期間の保証は工場設備につけているでしょう。
しかし、それが無料なのか有料なのか、その期間はいつまでなのかということはすべて違います。
また、設備の中でも壊れやすいものとめったに壊れないものがあるでしょう。
一般的に、精密機械ほど壊れやすく構造が単純なものほど壊れにくいです。
また、脂肪など取れにくいものが付着するものも壊れやすいでしょう。
つまり、壊れやすい設備ほどアフターフォローが手厚い業者を選べば長持ちするのです。

3-3.三丸機械工業の製品について

三丸機械工業は、高圧式ホモジナイザーを専門に扱っています。
弊社のラインナップは省エネ仕様のライン仕様からラボ機まで幅広く、お客様のさまざまなご要望に応える用意ができているのです。
また、24時間365日スタッフが対応しますので、急な故障やトラブルでも安心。高圧ホモジナイザーのご用命は当社にお任せください。

3-4.展示会を利用しよう

展示会とは、実際に工場設備の一部を展示してその使い心地などを実感してもらうための会のことです。
大規模なものから小規模なものまで、随時全国で行われています。
設備の使い心地を知りたいという場合は、ぜひ展示会に足を運んでみましょう。
必ずメーカーの社員もきていますので、新しい取引先を開拓したい場合にもお勧めです。

3-5.注意点

工場設備の取り換え工事や設置工事は時間がかかります。
ですから、時期を見て行いましょう。
また、交換の場合は今までとサイズが違っておさまりが悪くなることも珍しくありません。
そのため、計画を入念に立てて建物自体も工事が必要な場合は、一時別の場所を生産用として借りるなどしておきましょう。

4.工場設備にかんするよくある質問

Q.工場設備の寿命はどこで判断すればよいのでしょうか?

A.一概には言えませんが、どんな機械でも20年を超えたらそろそろと思っておくとよいですね。

Q.工場設備は一か所ずつ交換するのといっぺんに交換するのとどちらがよいでしょうか?

A.ものにもよりますので、メーカーと相談してください。

Q.土日に工事を依頼しても大丈夫でしょうか?

A.引き受けてもらえるならば大丈夫です。

Q.古い機械ですがこれでしか作れないものがあります。

A.今の技術は進歩していますから、同じものが作れないかメーカーと相談してみましょう。

Q.複数のメーカーから見積もりを取りたいのですが、どうすれば効率がよいですか?

A.展示会に参加してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は工場設備についていろいろとご紹介しました。
日本の製品は優秀ですが、いくらメンテナンスに気をつけていてもいつか寿命がきます。
その前に交換を考えましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加